稚魚から育てたい…金魚の稚魚を育てる方法と注意点

金魚 稚魚

 

ペットショップや縁日の屋台などで、金魚を購入して育てた経験がある人は多いのではないでしょうか?

 

歌の歌詞や本のタイトルなどに登場することもあり、日常生活にすっかり溶け込んでいる身近なペットとして知られています。

 

そんな金魚ですが、卵から孵化したばかりの稚魚の状態から育てたという経験を持つ人は、とても少ないでしょう。

 

というのも金魚の稚魚を育てるのは、初心者では難しく難易度が高いと言われているからです。

 

ここでは、金魚の稚魚を育てる方法や注意点などについて紹介していきます。

 

 

1.始めに知っておこう!金魚の稚魚を育てるのが大変な理由

 

金魚 稚魚

 

ペットショップや屋台などで販売されている金魚は、ある程度成長した個体が売られています。

 

色鮮やかで見る者を癒してくれる金魚ですが、稚魚の頃はその面影が全く無い状態です。

 

それでも稚魚を見つけたときは、生命の神秘を間近で実感できるため、大きな感動を味わうことになるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

しかしながら、金魚の稚魚は育てるのが大変だと言われているのですが、その理由はどこにあるのでしょうか?

 

  • 産卵した卵や稚魚を金魚が食べてしまう
  • 飼育水槽では栄養となる餌が非常に少ない
  • ろ過機などで吸いこんでしまう恐れがある

 

主にこの3つが、稚魚を育てるのが難しい理由として挙げられています。

 

特に、親やその他の金魚が、同じ水槽内にある卵や稚魚を餌と勘違いして食べてしまうのは、本能がそうしているので防ぐことができないため厄介です。

 

産卵した卵から孵化させたい数を選び、別の容器で育てるなど、金魚とは別の水槽に移動させる必要があるでしょう。

 

池などで飼育している金魚であれば、飼い主は何もせずとも豊富なプランクトンが生息しているので、それらを餌にして稚魚はどんどん成長していきます。

 

しかしながら、水槽で飼育しているとなれば栄養となる餌が非常に少ないので、飼い主が人工的に与えなければいけません。

 

この手間も、稚魚を育てるのを難しくさせていると言われています。

 

 

2.金魚の稚魚を育てる方法と手順5つ

 

金魚 稚魚

 

前章では、稚魚を育てるのが大変な理由について見ていきましたが、難易度が高いのが納得できたのではないでしょうか?

 

それでは、そんな難易度の高い金魚の稚魚を育てるには、どういった方法を用いるべきかについて見ていきましょう。

 

 

@ 産卵したら別水槽に卵を移動させる

 

金魚 稚魚

 

金魚が産卵し、卵を水草や巣箱に産み付けたら、稚魚になるまでの難関が待っています。

 

前章でも少し触れましたが、産卵した卵を餌と勘違いして、親やその他の金魚が食べてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

食べられてしまっては、もちろん稚魚になることも出来ないので、別水槽などに卵を移動させてください。

 

移動させた先は、吸い込みを防止するためにろ過機は使わず、軽いエアレーションと必要ならヒーターを使って21℃ぐらいを維持します。

 

順調に進めば卵は4〜5日で孵化し、かなり小さい稚魚が水槽や水草にしっかりとくっつき止まっているでしょう。

 

この際、無精卵は孵化しないので雑菌防止のためすぐに水槽から取り出して処分してくださいね。

 

 

A 稚魚が動くまでは何もしないで様子を見る

 

金魚 稚魚

 

孵化したばかりの稚魚は、2〜3日間は水槽の壁や水草などにくっつき、じっとして動くことはありません。

 

この間はお腹に着いている「さいのう」の栄養で成長するため、特に飼い主が世話をすることはないでしょう。

 

「さいのう」にある養分が無くなる頃には、自力で餌を求めるぐらいまで成長するため、そこから飼い主の出番となります。

 

また孵化後2〜3日間は、「さいのう」の養分が足りずに死んでしまったり、エアレーションの影響で流されて死滅したり、奇形となり上手く成長できずに死んでしまう個体もいます。

 

金魚は一度に膨大な数の卵を産むので、どうしてもその中にはせっかく孵化しても、すぐに死んでしまう個体はいるものです。

 

とても可哀想ですが、そうした個体は取り除いて処分してください。

 

 

B 人工餌を稚魚に食べさせる

 

金魚 稚魚

 

孵化し「さいのう」の養分を吸収し終えると、稚魚は自力で餌を求めるために小さな体を懸命に動かし水槽内を泳ぎます。

 

泳げるまでに必要な養分が事前に備わっていることなど、生命の神秘に大きな感動を覚える瞬間ですが、飼い主はいつまでも感動に浸っていることはできません。

 

実は、稚魚が泳ぎだしてからが一番育てるのが難しいからです。

 

前章でも少し触れましたが、自然界ではプランクトンが豊富に生息しているので、それを食べることで稚魚は成長します。

 

しかし水槽内では、そのようなプランクトンは期待できないので、飼い主が人工餌を与えなければいけません。

 

一般的な餌は、「ブラインシュリンプ」と呼ばれる、小型の甲殻類を与えます。

 

こちらは一度卵を孵化させてから食べさせるので、少し手間がかかるため、忙しい人は市販されている稚魚用の「パウダーフード」などを食べさせても大丈夫です。

 

どちらも熱帯魚を扱っているペットショップに行けば、購入することができますよ。

 

食べさせる量は、5分ぐらいで食べきれる量を、スポイトなどで調節しながら与えるようにしてください。

 

 

C 水質や水温、エアレーションに注意する

 

金魚 稚魚

 

孵化してから1か月の間は、餌もそうですが飼育環境を維持するのがとても難しいし大変です。

 

稚魚が泳ぎだし、餌を求めるようになれば、先ほど紹介した餌を与えるのですが残すとすぐに水質が悪化します。

 

この時期はろ過機で稚魚を吸い込んでしまうのを防止するため、ろ過機は使えないため余計に水質が悪化しやすいんですね。

 

軽いエアレーションをかけてあげますが、稚魚にとっては急激な強い水流に感じるため、隠れるための水草も用意してください。

 

水質が悪化したら、水換えをしますがこの時は慎重に扱わないと、稚魚がストレスでショック死する危険性もあります。

 

また水温を一定に保つことも重要ですので、ヒーターを使って加温するようにもしてくださいね。

 

 

D 稚魚用の餌から通常の金魚の餌に切り替える

 

金魚 稚魚

 

金魚の稚魚を育てる最大の難関である、孵化後1か月を超えると、エアレーションの流れにも自力で逆らいながら泳げるまで成長します。

 

ここからはろ過機が使えるので、水質の悪化をある程度遅らせることができ、通常の金魚の世話とあまり変わらなくなるでしょう。

 

稚魚用の餌にも切り替えられますし、食べきれる量もある程度は把握できるようになってきます。

 

孵化して1か月〜4か月の間は、稚魚用の餌を与え続けますが、成長の早い大きな個体は通常の餌も食べることができますので与えても問題ありません。

 

しかしこの時期になると、成長の早い個体は共食いを始めるので注意してください。

 

共食いを放置しておき、稚魚の数を自然に減らす飼い主もいますが、なるべくなら大きな個体は別容器に移動させて育てるのが良いでしょう。

 

孵化してから4か月を超えれば、見た目は成魚の金魚と変わらないため、餌は通常の金魚の人工餌に完全切替で大丈夫です。

 

 

まとめ

 

金魚 稚魚

 

ここでは、金魚の稚魚を育てる方法や注意点などについて紹介していきました。

 

金魚の稚魚を産卵開始から育てるとなると、その手間は成魚の比ではなく、飼い主は常に気を配る必要があります。

 

孵化してから1か月ぐらいの稚魚を世話するのが、一番大変な時期である程度の知識を得ていなければ難しいでしょう。

 

しかし上手に稚魚を育てて成魚にできれば、より一層金魚に愛着が沸くようになります。

 

大変かもしれませんが、稚魚から育成してみる価値はあるので、余裕がある人はぜひチャレンジしてみてくださいね。

引き続き、「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています



「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」おすすめ記事↓

金魚

金魚 稚魚 金魚を飼育する方法や水槽の選び方、金魚の最適な水温とは?
金魚 稚魚 金魚がひっくり返っている…金魚が転覆病を発症する原因や対処法
金魚 稚魚 金魚の寿命は何年?金魚の寿命年数と寿命を延ばす5つのコツ
金魚 稚魚 金魚は水で寿命が変わる!金魚の水換え方法や水換えをする頻度
金魚 稚魚 金魚すくいの腕を上げたい!金魚すくいが上手くいくコツとは?

熱帯魚

金魚 稚魚 熱帯魚を飼おう!熱帯魚の飼育方法や注意点、餌の与え方まとめ
金魚 稚魚 初心者が初めて飼育するのにオススメの熱帯魚ランキング
金魚 稚魚 水草が熱帯魚に与える3つの役割と熱帯魚に最適な水草3選
金魚 稚魚 カクレクマノミを育てたい!カクレクマノミの飼育方法や餌の与え方
金魚 稚魚 ネオンテトラを増やしたい!ネオンテトラを繁殖する方法や注意点
金魚 稚魚 グッピーを育てたい!グッピーを飼育する方法や注意点・餌の与え方

メダカ

金魚 稚魚 メダカを飼いたい!メダカの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
金魚 稚魚 メダカを飼育する際の水槽の選び方や水温の管理方法
金魚 稚魚 メダカは何年生きるの?メダカの寿命と寿命を延ばす飼い方
金魚 稚魚 メダカに水草を入れても大丈夫?メダカと相性の良い水草5選

ウーパールーパー

金魚 稚魚 ウーパールーパーに最適な水槽の選び方│水槽を設置する場所とは?
金魚 稚魚 ウーパールーパーの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
金魚 稚魚 ウーパールーパーが成体にならない理由や寿命の延ばし方まとめ

クラゲ

金魚 稚魚 クラゲを飼育したい!クラゲに最適な水槽の選び方や注意点
金魚 稚魚 クラゲを自宅で飼いたい…クラゲを飼育する方法や餌の与え方
金魚 稚魚 クラゲに刺された…クラゲに刺された時の対処法や注意点まとめ

ナマズ

金魚 稚魚 ナマズを飼いたい!ナマズの飼育方法や飼育する際の注意点まとめ
金魚 稚魚 ナマズが暴れたら要注意…?ナマズと地震が関係している理由とは?

チアナゴ

金魚 稚魚 チンアナゴを自宅で飼いたい!チンアナゴの飼育方法や注意点

ベタ

金魚 稚魚 ベタはどう育てるべき?ベタの飼育方法や餌の与え方まとめ
金魚 稚魚 ベタは何年生きるの?ベタの寿命を延ばす飼い方とは?
金魚 稚魚 ベタは混泳が不向きと言われる4つの理由と混泳させる方法
金魚 稚魚 ベタはどんな水草を喜ぶ?ベタと相性が良いとされる水草4選

クリオネ

金魚 稚魚 クリオネは自宅で飼える?クリオネの飼育方法や注意点まとめ
金魚 稚魚 クリオネの捕食を見たい!クリオネの食事シーンを見る方法とは?

ブラックバス

金魚 稚魚 ブラックバスを飼いたい…ブラックバスを飼育する方法や注意点まとめ
金魚 稚魚 ブラックバスを食べよう!ブラックバスを使ったオススメ料理