グッピーを育てたい!グッピーを飼育する方法や注意点・餌の与え方

グッピー 飼育 餌

 

熱帯魚をあまり知らない人でも、名前だけは聞いたことがあるほど有名で、愛好家が多数存在するとされるのが「グッピー」です。

 

初心者でも飼いやすいので、熱帯魚飼育の入門として幅広い層から人気があり、それでいて奥の深い観賞魚でもあります。

 

そんなグッピーを飼育しようと考えたとき、何を準備したら良いのかや、餌はどう与えるべきかなど、疑問に感じる点も多いですよね?

 

ここでは、グッピーを飼育する際に準備する物や、餌の与え方、飼育する上での注意点について紹介していきます。

 

 

1.グッピーを飼育する際に準備する物

 

グッピー 飼育 餌

 

熱帯魚の中でも飼育しやすいという点から、初心者にオススメされているグッピーですが、個体を買ってきただけでは飼育できません。

 

まずはグッピーが生活できる環境を、自宅に用意する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

しかしながら、グッピーの飼育で最低限必要な物は、いったい何なのか分からない点も多いですよね?

 

グッピーを飼育際には、まず以下の物を準備しましょう。

 

  • 30cm以上の水槽
  • 底砂
  • エアーポンプ
  • フィルター
  • 熱帯魚用ヒーター
  • ライト

 

グッピーは小型魚なので、水1リットルに1匹を理想として水槽選びをしてください。

 

複数匹の飼育を考えているのであれば、最低でも30cm以上の水槽は用意しておきたいところ。

 

混泳させたり、水草や流木を入れてレイアウトを考えるなら60cmぐらいあったほうが良いでしょう。

 

水槽が大きければ、水温や水質の急激な変化が起こりにくいので、グッピーにとって快適な生活ができます。

 

熱帯魚のグッピーは、25℃前後が適温とされるので、夏場はともかく冬場は必ず熱帯魚用ヒーターが必須です。

 

温度調整を自動でしてくれる器具が、グッピーを育てるのに多く用いられているので、そちらを使用しましょう。

 

また、ライトは昼と夜を区別するのに使え、メリハリの取れた生活リズムが出来上がるので、健康的に育てられます。

 

ライトの設置が難しいと感じる場合は、無理に設置する必要はありません。

 

 

2.グッピーの飼育で重要な餌の与え方

 

グッピー 飼育 餌

 

グッピーを飼育する際に、飼い主が一番気を付けるべきお世話は「餌やり」です。

 

人間と同じように、グッピーも餌から栄養を補給し健康的な毎日を送っているので、餌をどう与えるかは健康に直結します。

 

1日でも一緒にグッピーと暮らしたいというのが、飼い主全員の想いでしょうから、餌の与え方について知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

グッピーの餌は市販されている、「人工飼料」を与えるのが一般的です。

 

栄養バランスを考えて配合されており、これだけを与えていれば栄養面では何ら問題ありません。

 

ペットショップはもちろん、ホームセンターや総合スーパーなどでも売られいるので、気軽に購入が可能なのも嬉しいですね。

 

与える量は、数分で食べきれる分だけを与え、食べ残しがないように注意しましょう。

 

市販の人工飼料は水中に長時間留まると、すぐに腐ってしまい水質を悪化させます。

 

ですから食べ残しがないように、どれだけの量を与えたら良いのかを何度も試行錯誤しながら与えてください。

 

餌やりの頻度は1日2回、朝と晩に与えるのが理想で、できるだけこのリズムを狂わせないようにしましょう。

 

 

3.グッピーを飼育する際の注意点

 

グッピー 飼育 餌

 

グッピーを飼育する際には、「水質の変化」に十分注意してください。

 

グッピーが初心者でも飼いやすい理由の一つに、「丈夫」という点が挙げられますが、これは確かに事実です。

 

ですが、どんな環境にも耐えられる訳ではなく、水質の変化に関しては他の観賞魚と同じく敏感に感じ取ります。

 

ゆるやかな水質の変化であれば、グッピーの適応能力が十分に発揮されるので、弱るようなことはありません。

 

ですが餌が大量に水槽内で腐るなど、水質が大きく変化する状況に対しては、さすがのグッピーも付いていけないのです。

 

すると病気にかかりやすくなったり、ストレスを感じて消化不良から衰弱死するといった危険があると、飼い主は認識しておきましょう。

 

水質の変化に注意し、定期的に水換えをしなければいけません。

 

この水質の変化ですが、「水槽の大きさ」によっても大きく変化します。

 

小型魚のグッピーは小さな水槽での飼育が可能ですが、その分水質の変化は激しいので水換えの頻度は高くなるでしょう。

 

掃除が楽という気持ちで小さな水槽を購入しても、その後のメンテナンスの頻度は多くなるので、その先を見据えてどんな水槽で育てるかを決めるようにしてくださいね。

 

水換えは水槽全体の3分の1の水を交換し、バクテリアを死滅させないように注意します。

 

新しい水は飼育水と同じ水温にしておき、一気に入れるのではなく少しずつ入れてグッピーが環境の変化にビックリしないようにしてください。

 

水換えをしたら、その日は餌を食べてくれないことが多いので、餌を与えないで翌日に与えるのが無難です。

 

 

まとめ

 

グッピー 飼育 餌

 

ここでは、グッピーを飼育する際に準備する物や、餌の与え方、飼育する上での注意点について紹介していきました。

 

グッピーは丈夫で小さい水槽でも飼えるため、初心者が熱帯魚を飼い始める入門として非常に人気があります。

 

とはいっても動物であることに変わりはなく、飼い主は餌やりや水換えといった基本的なお世話は必ず必要です。

 

小さいながらも色鮮やかで個性があるため、ずっと見ていても飽きないグッピーを飼育してみてはいかがでしょうか?

引き続き、「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています



「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」おすすめ記事↓

金魚

グッピー 飼育 餌 金魚を飼育する方法や水槽の選び方、金魚の最適な水温とは?
グッピー 飼育 餌 金魚がひっくり返っている…金魚が転覆病を発症する原因や対処法
グッピー 飼育 餌 金魚の寿命は何年?金魚の寿命年数と寿命を延ばす5つのコツ
グッピー 飼育 餌 金魚は水で寿命が変わる!金魚の水換え方法や水換えをする頻度
グッピー 飼育 餌 金魚すくいの腕を上げたい!金魚すくいが上手くいくコツとは?

熱帯魚

グッピー 飼育 餌 熱帯魚を飼おう!熱帯魚の飼育方法や注意点、餌の与え方まとめ
グッピー 飼育 餌 初心者が初めて飼育するのにオススメの熱帯魚ランキング
グッピー 飼育 餌 水草が熱帯魚に与える3つの役割と熱帯魚に最適な水草3選
グッピー 飼育 餌 カクレクマノミを育てたい!カクレクマノミの飼育方法や餌の与え方
グッピー 飼育 餌 ネオンテトラを増やしたい!ネオンテトラを繁殖する方法や注意点
グッピー 飼育 餌 グッピーを育てたい!グッピーを飼育する方法や注意点・餌の与え方

メダカ

グッピー 飼育 餌 メダカを飼いたい!メダカの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
グッピー 飼育 餌 メダカを飼育する際の水槽の選び方や水温の管理方法
グッピー 飼育 餌 メダカは何年生きるの?メダカの寿命と寿命を延ばす飼い方
グッピー 飼育 餌 メダカに水草を入れても大丈夫?メダカと相性の良い水草5選

ウーパールーパー

グッピー 飼育 餌 ウーパールーパーに最適な水槽の選び方│水槽を設置する場所とは?
グッピー 飼育 餌 ウーパールーパーの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
グッピー 飼育 餌 ウーパールーパーが成体にならない理由や寿命の延ばし方まとめ

クラゲ

グッピー 飼育 餌 クラゲを飼育したい!クラゲに最適な水槽の選び方や注意点
グッピー 飼育 餌 クラゲを自宅で飼いたい…クラゲを飼育する方法や餌の与え方
グッピー 飼育 餌 クラゲに刺された…クラゲに刺された時の対処法や注意点まとめ

ナマズ

グッピー 飼育 餌 ナマズを飼いたい!ナマズの飼育方法や飼育する際の注意点まとめ
グッピー 飼育 餌 ナマズが暴れたら要注意…?ナマズと地震が関係している理由とは?

チアナゴ

グッピー 飼育 餌 チンアナゴを自宅で飼いたい!チンアナゴの飼育方法や注意点

ベタ

グッピー 飼育 餌 ベタはどう育てるべき?ベタの飼育方法や餌の与え方まとめ
グッピー 飼育 餌 ベタは何年生きるの?ベタの寿命を延ばす飼い方とは?
グッピー 飼育 餌 ベタは混泳が不向きと言われる4つの理由と混泳させる方法
グッピー 飼育 餌 ベタはどんな水草を喜ぶ?ベタと相性が良いとされる水草4選

クリオネ

グッピー 飼育 餌 クリオネは自宅で飼える?クリオネの飼育方法や注意点まとめ
グッピー 飼育 餌 クリオネの捕食を見たい!クリオネの食事シーンを見る方法とは?

ブラックバス

グッピー 飼育 餌 ブラックバスを飼いたい…ブラックバスを飼育する方法や注意点まとめ
グッピー 飼育 餌 ブラックバスを食べよう!ブラックバスを使ったオススメ料理