らんちゅうは水槽が大事!らんちゅうに適した水槽を選ぶ4つのコツ

らんちゅう 水槽

 

金魚の種類の中でも飼い方が独特で、愛好家やプロの間でも奥が深い観賞魚と言われているのが、「らんちゅう」です。

 

美しい体色、体型を作るのは大変で、だからこそ品評会が開かれそれぞれの飼育方法について意見交換の場が設けられています。

 

そんならんちゅうの飼育を考えたとき、一番大切なのは水槽の選び方だということをご存知ですか?

 

らんちゅうは水槽の大きさなどにより、健康状態が大きく左右されるので、どんな水槽にするかを考えることは大切です。

 

ここでは、らんちゅうに適した水槽を選ぶコツや注意点について紹介していきます。

 

 

1.らんちゅうの飼育で水槽選びが重要な理由

 

らんちゅう 水槽

 

らんちゅうの飼育において、どうして水槽選びという初期段階が一番重要となるのでしょうか?

 

その理由としては、主に以下に挙げる事柄が関係しています。

 

  • らんちゅうは泳ぎが下手
  • 狭い水槽だと体のバランスが悪くなる
  • 運動不足から肥満魚になる
  • 体調を崩しやすくなる
  • 水槽の側面に激突し怪我をする

 

まず驚きなのが、魚なのに泳ぎが下手というところでしょう。

 

らんちゅうを飼育すると分かりますが、泳ぎがあまり上手ではなく、フィルターの水流に立ち向かうのも難しいほどです。

 

そのため、狭い水槽で飼育していると、水槽の壁を回避できずに激突し怪我をする恐れがあります。

 

スポンサーリンク

 

また狭い水槽では運動不足になりかねず、餌の量を考えてあげないと肥満魚になるでしょう。

 

一方方向にしか泳げないと体のバランスも悪くなり、体型などにも影響を与えます。

 

これらの点が示すところは、「狭い水槽はらんちゅう飼育に不向き」という点ですね。

 

らんちゅうを飼育する際は、どんな水槽にするのかを予め決めておくことは、らんちゅうの健康に直結するので大事なのです。

 

 

2.らんちゅうに適した水槽を選ぶ4つのコツ

 

らんちゅう 水槽

 

らんちゅうを飼育するならば、水槽という面に十分な注意を払う必要があると理解できました。

 

では実際に、らんちゅうの水槽を選ぶには、どこに着目して考えていけば良いのでしょうか?

 

以下から、らんちゅうに適した水槽の選び方を紹介しますので参考にしてみてくださいね。

 

 

@ ガラス製ではなくプラスチック製の水槽にする

 

らんちゅう 水槽

 

透明度が高く水槽内部をキレイに観察できる、ガラス製の水槽は観賞魚飼育において高い人気を誇ります。

 

ですが、らんちゅうの飼育においては適した水槽ではなく、できればプラスチック製品にすることをオススメします。

 

スポンサーリンク

 

らんちゅうはガラス製だと、水槽の壁を認識できず泳ぎが下手なのも相まってスピードを緩めずに激突する恐れがあるのです。

 

すると怪我から病気を引き起こし、命を落とす可能性もあるため、ガラス製品は避けましょう。

 

しかし、らんちゅうをしっかり観察したいなどの理由で、どうしてもガラス製を採用したいなら、照明を強くしてガラス面に苔を発生させれば壁と認識してくれますよ。

 

 

A なるべく広い水槽を使用する

 

らんちゅう 水槽

 

2歳未満のらんちゅうは運動量が豊富で、この時に満足に運動させておかないと肥満魚になる可能性が高いです。

 

また複数飼育が基本となりますし、泳ぎが下手という点も考慮に入れると、らんちゅうはなるべく広い水槽で飼育するのが理想だと言えるでしょう。

 

飼育のプロや愛好家などは、自宅にらんちゅう専用の池を作り、そこで飼育させているほどです。

 

一般家庭では中々難しいので、最低でも60cm以上の水槽を用意し、広々とした空間で育てるようにしてください。

 

 

B らんちゅう専用の水深が浅い水槽を選ぶ

 

らんちゅう 水槽

 

品種改良を続けた結果誕生したらんちゅうは、その性質上水深が深くなる水槽を好みません

 

らんちゅう専用の水槽を見てみると、水深が浅いタイプのものが多いことに気付くかもしれないですが、それはらんちゅうの生態に合っています。

 

らんちゅうが過ごしやすい環境を考えるならば、水深が浅い水槽を選びましょう。

 

60cm規格なら15cm位の高さがあれば十分で、目安は、らんちゅうの体高の5倍ぐらいの深さです。

 

 

C 角がとがっていない丸い水槽を選ぶ

 

らんちゅう 水槽

 

らんちゅうは泳ぎがあまり得意ではなく、水槽の角がとがっていると、そこに激突したとき怪我をしやすくなります。

 

またとがっていると泳ぎにくく、らんちゅうにとっても居心地の悪い水槽となってしまうでしょう。

 

快適な生活を実現させたいならば、角がとがっておらず丸い水槽を選びます。

 

しかしながら、ガラス製の丸い水槽は売っていますが、プラスチック製で角が丸い水槽というのは中々ありません。

 

ネット通販などで根気よく見つけるか、プラ池のようなもので飼育するなどしましょう。

 

 

まとめ

 

らんちゅう 水槽

 

ここでは、らんちゅうに適した水槽を選ぶコツや注意点について紹介していきました。

 

らんちゅうの家となる水槽選びは、快適な毎日をらんちゅうが暮らすために非常に重要です。

 

他の金魚の品種とは、独特な飼育の仕方が求められるらんちゅうですから、水槽に関してもある程度の知識が必要でしょう。

 

奥が深い分、飼育のコツが掴めてくると愛着がさらに沸くので、ぜひ水槽選びも諦めずに良い物を選んでいってくださいね。

引き続き、「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています



「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」おすすめ記事↓

金魚

らんちゅう 水槽 金魚を飼育する方法や水槽の選び方、金魚の最適な水温とは?
らんちゅう 水槽 金魚がひっくり返っている…金魚が転覆病を発症する原因や対処法
らんちゅう 水槽 金魚の寿命は何年?金魚の寿命年数と寿命を延ばす5つのコツ
らんちゅう 水槽 金魚は水で寿命が変わる!金魚の水換え方法や水換えをする頻度
らんちゅう 水槽 金魚すくいの腕を上げたい!金魚すくいが上手くいくコツとは?

熱帯魚

らんちゅう 水槽 熱帯魚を飼おう!熱帯魚の飼育方法や注意点、餌の与え方まとめ
らんちゅう 水槽 初心者が初めて飼育するのにオススメの熱帯魚ランキング
らんちゅう 水槽 水草が熱帯魚に与える3つの役割と熱帯魚に最適な水草3選
らんちゅう 水槽 カクレクマノミを育てたい!カクレクマノミの飼育方法や餌の与え方
らんちゅう 水槽 ネオンテトラを増やしたい!ネオンテトラを繁殖する方法や注意点
らんちゅう 水槽 グッピーを育てたい!グッピーを飼育する方法や注意点・餌の与え方

メダカ

らんちゅう 水槽 メダカを飼いたい!メダカの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
らんちゅう 水槽 メダカを飼育する際の水槽の選び方や水温の管理方法
らんちゅう 水槽 メダカは何年生きるの?メダカの寿命と寿命を延ばす飼い方
らんちゅう 水槽 メダカに水草を入れても大丈夫?メダカと相性の良い水草5選

ウーパールーパー

らんちゅう 水槽 ウーパールーパーに最適な水槽の選び方│水槽を設置する場所とは?
らんちゅう 水槽 ウーパールーパーの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
らんちゅう 水槽 ウーパールーパーが成体にならない理由や寿命の延ばし方まとめ

クラゲ

らんちゅう 水槽 クラゲを飼育したい!クラゲに最適な水槽の選び方や注意点
らんちゅう 水槽 クラゲを自宅で飼いたい…クラゲを飼育する方法や餌の与え方
らんちゅう 水槽 クラゲに刺された…クラゲに刺された時の対処法や注意点まとめ

ナマズ

らんちゅう 水槽 ナマズを飼いたい!ナマズの飼育方法や飼育する際の注意点まとめ
らんちゅう 水槽 ナマズが暴れたら要注意…?ナマズと地震が関係している理由とは?

チアナゴ

らんちゅう 水槽 チンアナゴを自宅で飼いたい!チンアナゴの飼育方法や注意点

ベタ

らんちゅう 水槽 ベタはどう育てるべき?ベタの飼育方法や餌の与え方まとめ
らんちゅう 水槽 ベタは何年生きるの?ベタの寿命を延ばす飼い方とは?
らんちゅう 水槽 ベタは混泳が不向きと言われる4つの理由と混泳させる方法
らんちゅう 水槽 ベタはどんな水草を喜ぶ?ベタと相性が良いとされる水草4選

クリオネ

らんちゅう 水槽 クリオネは自宅で飼える?クリオネの飼育方法や注意点まとめ
らんちゅう 水槽 クリオネの捕食を見たい!クリオネの食事シーンを見る方法とは?

ブラックバス

らんちゅう 水槽 ブラックバスを飼いたい…ブラックバスを飼育する方法や注意点まとめ
らんちゅう 水槽 ブラックバスを食べよう!ブラックバスを使ったオススメ料理