らんちゅうを飼育したい!らんちゅうの飼育方法や注意点・餌の与え方

らんちゅう 飼育 餌

 

金魚の一種で独特な容姿をしており、品評会が開催されるなど愛好家が多いことでも知られているのが「らんちゅう」です。

 

体色も様々ですし、寿命も比較的長いということもあって、幅広い年齢層から支持を得ている観賞魚と言われています。

 

そんならんちゅうを飼育しようと考えたとき、どんな道具を揃えたら良いのかや、餌は何を与えるべきかなど分からない点が多いのも事実。

 

ここでは、らんちゅうの飼育で必要な物や注意点、さらに餌の与え方について紹介していきます。

 

 

1.らんちゅうを飼育する前に用意する物

 

らんちゅう 飼育 餌

 

らんちゅうを飼育することを考えたとき、真っ先に思い浮かぶのが「らんちゅうをショップで購入する」という点でしょう。

 

たしかに個体がいなければ、飼育は不可能ですから、先に個体を購入するのが自然だと考えてしまうかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

ですが自宅にらんちゅうを育てる道具が揃っていなければ、個体を買ってきたところで、育てることは不可能です。

 

ですから、らんちゅうを飼育する前には、必要な道具を揃えておく必要があります。

 

では、らんちゅうを飼育する前には、どんな物を用意しておけば良いのでしょうか?

 

  • 飼育数に見合う水槽
  • エアレーション
  • フィルター
  • カルキ抜き

 

らんちゅうは死ぬまで成長を続け、20cmほどまで大きくなります。

 

飼育したときは10cmにも満たず、広々としていた水槽も成長を続けるうちに、手狭に感じることでしょう。

 

そのため最初から、らんちゅうが成長しきった姿を想像しながら水槽を選ぶのが効果的です。

 

後述しますが、らんちゅうは寂しがりやなので複数匹での飼育が推奨されているため、60cm規格の水槽があると安心できます。

 

エアレーションやフィルターなどは、どの観賞魚を飼育するのにも必要ですが、「カルキ抜き」はらんちゅうにとって必需品です。

 

というのも、水道水には塩素が入っており、らんちゅうにとって塩素は毒となるため完全に水から抜いておかなければいけません。

 

バケツなどの容器に水道水を入れ、汲み置きをしておくと塩素は自然と抜けるのですが、汲み置きしておく日数には様々な意見があります。

 

ですから、市販されているカルキ抜きを使用したほうが、らんちゅうにとって快適な状態を作れるでしょう。

 

 

2.らんちゅうの飼育で重要な餌の与え方

 

らんちゅう 飼育 餌

 

らんちゅうを飼育する際、飼い主は様々なお世話をしなければいけません。

 

その中でも特に重要となるお世話が、「餌やり」です。

 

いくら絶食に強いらんちゅうとはいえ、何も与えないで生活させていたならば、いつかは衰弱して死んでしまいます。

 

では、らんちゅうにはどんな餌を与えたら良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

らんちゅうの餌として頻繁に用いられているのは、「固形人工飼料(ペレット)」です。

 

以前は、マスや鯉などの餌として流通するのみでしたが、らんちゅうを飼育する人が増えてきたこともあり、現在は様々な企業から製品が売られています。

 

栄養が豊富で水分も多く含まれている、「アカムシ」はらんちゅうが大好物な餌です。

 

冷凍アカムシは釣具店などでも売られていますが、そうしたところから購入しらんちゅうに与えることもできます。

 

どちらにも言えることですが、餌を与える際は「食べ残さない量」を見極めながら与えるようにしてください。

 

食べ残された餌は水中ですぐに腐敗し、水質を悪化させる恐れがあるからです。

 

らんちゅうは半年間絶食させても、水中のプランクトンや藻を食べることで飢えを凌げます。

 

しかし水槽内にプランクトンや藻を発生させるのは難しいので、2日に1回ぐらいは餌を与えるようにしてください。

 

胃袋が小さいので与えすぎると消化不良を引き起こし、そこから病気につながるため、与えすぎには十分に注意しましょう。

 

 

3.らんちゅうの飼育で注意するべき点

 

らんちゅう 飼育 餌

 

らんちゅうの寿命は平均して7年ですが、快適な環境を用意してあげれば10年以上は生きると言われています。

 

少しでも一緒にいたいと願うのは、らんちゅうを飼育する者全員の願いですから、快適な環境を作ることは大切です。

 

そんならんちゅうの飼育で注意するべきなのは、「複数匹で飼育する」という点が挙げられます。

 

先にも少し触れましたが、らんちゅうはとても寂しがりやで、1匹を水槽内に入れて飼育すると元気がなくなってしまうのです。

 

するとストレスが蓄積し、消化器官に異常が発生し、そこから病気につながり早死にします。

 

品評会などで健康的ならんちゅうが表彰されますが、そうしたらんちゅうは多頭飼育の中で育っているのです。

 

飼い主としては大事に1匹を育てたいと思うかもしれませんが、らんちゅうからしてみたら寂しくて仕方ありません。

 

ですから最低でも3匹以上は、同じ水槽内で飼育するようにしてください。

 

よく観察してみると、らんちゅう同士でコミュニケーションを取っているような姿を確認できるでしょう。

 

もちろん水質管理や水温の調整など、飼育中の大切なお世話はあります。

 

それでも、いくら快適な環境を用意したとしても、寂しい気持ちを拭うことはできないので、複数飼育を念頭に置いて、飼い主は計画を立てるようにしてください。

 

 

まとめ

 

らんちゅう 飼育 餌

 

ここでは、らんちゅうの飼育で必要な物や注意点、さらに餌の与え方について紹介していきました。

 

らんちゅうは品評会が開かれるほど、愛好家が多く初心者でも飼いやすいため幅広い層に人気があります。

 

餌はペレットを与えつつ、余裕があれば冷凍アカムシを与えましょう。

 

単独飼育は寂しくて寿命を短くさせてしまうため、できるば3匹以上で複数飼育を念頭においてくださいね。

引き続き、「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています



「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」おすすめ記事↓

金魚

らんちゅう 飼育 餌 金魚を飼育する方法や水槽の選び方、金魚の最適な水温とは?
らんちゅう 飼育 餌 金魚がひっくり返っている…金魚が転覆病を発症する原因や対処法
らんちゅう 飼育 餌 金魚の寿命は何年?金魚の寿命年数と寿命を延ばす5つのコツ
らんちゅう 飼育 餌 金魚は水で寿命が変わる!金魚の水換え方法や水換えをする頻度
らんちゅう 飼育 餌 金魚すくいの腕を上げたい!金魚すくいが上手くいくコツとは?

熱帯魚

らんちゅう 飼育 餌 熱帯魚を飼おう!熱帯魚の飼育方法や注意点、餌の与え方まとめ
らんちゅう 飼育 餌 初心者が初めて飼育するのにオススメの熱帯魚ランキング
らんちゅう 飼育 餌 水草が熱帯魚に与える3つの役割と熱帯魚に最適な水草3選
らんちゅう 飼育 餌 カクレクマノミを育てたい!カクレクマノミの飼育方法や餌の与え方
らんちゅう 飼育 餌 ネオンテトラを増やしたい!ネオンテトラを繁殖する方法や注意点
らんちゅう 飼育 餌 グッピーを育てたい!グッピーを飼育する方法や注意点・餌の与え方

メダカ

らんちゅう 飼育 餌 メダカを飼いたい!メダカの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
らんちゅう 飼育 餌 メダカを飼育する際の水槽の選び方や水温の管理方法
らんちゅう 飼育 餌 メダカは何年生きるの?メダカの寿命と寿命を延ばす飼い方
らんちゅう 飼育 餌 メダカに水草を入れても大丈夫?メダカと相性の良い水草5選

ウーパールーパー

らんちゅう 飼育 餌 ウーパールーパーに最適な水槽の選び方│水槽を設置する場所とは?
らんちゅう 飼育 餌 ウーパールーパーの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
らんちゅう 飼育 餌 ウーパールーパーが成体にならない理由や寿命の延ばし方まとめ

クラゲ

らんちゅう 飼育 餌 クラゲを飼育したい!クラゲに最適な水槽の選び方や注意点
らんちゅう 飼育 餌 クラゲを自宅で飼いたい…クラゲを飼育する方法や餌の与え方
らんちゅう 飼育 餌 クラゲに刺された…クラゲに刺された時の対処法や注意点まとめ

ナマズ

らんちゅう 飼育 餌 ナマズを飼いたい!ナマズの飼育方法や飼育する際の注意点まとめ
らんちゅう 飼育 餌 ナマズが暴れたら要注意…?ナマズと地震が関係している理由とは?

チアナゴ

らんちゅう 飼育 餌 チンアナゴを自宅で飼いたい!チンアナゴの飼育方法や注意点

ベタ

らんちゅう 飼育 餌 ベタはどう育てるべき?ベタの飼育方法や餌の与え方まとめ
らんちゅう 飼育 餌 ベタは何年生きるの?ベタの寿命を延ばす飼い方とは?
らんちゅう 飼育 餌 ベタは混泳が不向きと言われる4つの理由と混泳させる方法
らんちゅう 飼育 餌 ベタはどんな水草を喜ぶ?ベタと相性が良いとされる水草4選

クリオネ

らんちゅう 飼育 餌 クリオネは自宅で飼える?クリオネの飼育方法や注意点まとめ
らんちゅう 飼育 餌 クリオネの捕食を見たい!クリオネの食事シーンを見る方法とは?

ブラックバス

らんちゅう 飼育 餌 ブラックバスを飼いたい…ブラックバスを飼育する方法や注意点まとめ
らんちゅう 飼育 餌 ブラックバスを食べよう!ブラックバスを使ったオススメ料理