クラゲを自宅で飼いたい…クラゲを飼育する方法や餌の与え方

クラゲ 飼育

 

日本ではお盆の時期になると、海水浴などで頻繁に見かけ、触ったり近づいたりすると刺されるのが「クラゲ」です。

 

水族館などでは照明などの効果もあり、見ていると癒されると感じる人も多く、最近では自宅で飼育するケースも増えてきました。

 

そんなクラゲを飼育しようと考えたとき、どんな物を準備したら良いのかや、餌の与え方、そもそもクラゲをどうやって入手するのかなど疑問点も多いですよね?

 

ここでは、クラゲを飼育する方法や餌の与え方などについて紹介していきます。

 

 

1.クラゲを飼育する際に準備する物

 

クラゲ 飼育

 

クラゲは水族館で観賞するもので、自宅で飼育するという考えは一昔前まではありませんでした。

 

ところがインターネットが普及し、SNSなどでクラゲの魅力が伝わると一気に人気となり、自宅でクラゲを飼育したいと願う人が増えてきたのです。

 

スポンサーリンク

 

クラゲそのものは、アクアショップやホームセンターなどで購入できますが、その前にクラゲをお迎えする準備をしなければいけません。

 

クラゲを飼育する際に準備する物は、以下に挙げる通りです。

 

  • クラゲ専用の水槽
  • 水流ポンプ
  • 熱帯魚用ヒーター・クーラー
  • メタルハライドランプ
  • 海水(人工海水でも可)

 

クラゲは非常にデリケートな生き物で、水流を作る際に発生する気泡が傘に当たっただけで穴が開き、そして水分が出ていき死んでしまうほどです。

 

通常の魚を飼育する水槽で、クラゲを飼育するのは現実的ではなく、クラゲ専用の水槽を使ってください。

 

また、クラゲは水温の変化に弱いので熱帯魚用のヒーターやクーラーは必須です。

 

適温は23℃前後なので、水温計を設置してこまめに水温を確認し、適温に持っていきましょう。

 

クラゲは海水生物なので飼育水は、「人工海水」で作られた海水を用いてくださいね。

 

 

2.クラゲの長期飼育が難しい理由

 

クラゲ 飼育

 

クラゲは自然界でも1年ほどで寿命を迎えるなど、短命な生物です。

 

飼育環境ともなれば、寿命はさらに縮み、半年も生きれば十分だと言われています。

 

スポンサーリンク

 

生態について研究し、飼育のプロである水族館であっても、クラゲを長生きさせるのは難しく試行錯誤している段階です。

 

ではどうして、自然界よりも飼育下のほうが短命で、長期飼育が難しいのでしょうか?

 

前章でも取り上げたように、クラゲはとてもデリケートで、快適に暮らせる環境を飼育下で用意するのは簡単ではありません

 

特に一般家庭においては、クラゲを満足に生活させる環境はほぼ作れないので、2ヶ月ぐらいしか生きられない場合がほとんどです。

 

そのため、一般的な海水魚の飼育とは目的が異なり、短期間で気軽に飼育し、インテリアとして楽しむという考えを持つ飼い主が多いのです。

 

 

3.クラゲの飼育で重要な餌の与え方

 

クラゲ 飼育

 

クラゲを飼育する際は、どんな餌を与えたら良いのでしょうか?

 

クラゲ専用の餌は販売されていないので、「ブラインシュリンプ」を沸かせて食べさせるようにしてください。

 

その際はスポイトでブラインシュリンプを吸出し、クラゲの傘付近に吹きかけます。

 

するとクラゲは餌を認識して食べてくれますよ。

 

1回に与える餌の量は、残さない程度にし、餌を残すことで水質の悪化を防ぎましょう。

 

また1日1回の餌やりで十分ですが、クラゲのサイズや水槽の大きさ、水温などによって餌を与える量や回数は変わっていきます。

 

アクアショップや専門家に相談し、どのぐらいの餌を与えたら良いのかを確認するのが確実でしょう。

 

 

4.クラゲを飼育する際の注意点

 

クラゲ 飼育

 

クラゲを飼育する際は、「水換え」に注意を払ってください。

 

クラゲを飼育する場合、クラゲ専用の水槽セットを通販などで購入する場合が多く、必要な道具は一式揃っています。

 

水温やpHの管理、水流、ろ過フィルターに吸われるのを防止するなど、様々な面は水槽セットを購入すれば一応は解決できるでしょう。

 

しかしながら、どんなにクラゲ専用のセットを購入したとしても、「水換え」だけは飼い主が必ず行わなければいけません。

 

クラゲは海水を体内に取り込み、そこから酸素を取り入れるので水質は健康に直結します。

 

最低でも3日に1回、夏場などは2日に1回は、水槽内の水を30%ほど水換えしてください。

 

水質をキレイに保つことは、自宅で飼育する際に特に注意しなければいけないので、飼い主はこまめなお世話が必要です。

 

 

まとめ

 

クラゲ 飼育

 

ここでは、クラゲを飼育する方法や餌の与え方などについて紹介していきました。

 

クラゲを自宅で飼育するには、一式が揃った専用セットを購入するのが手っ取り早いですし、環境を準備できるので楽です。

 

餌はブラインシュリンプを与えますが、クラゲの種類などによって餌の量や頻度は変わるので事前に確認しておきましょう。

 

クラゲのお世話で最も重要なのは水換えですから、飼い主は必ず決まった間隔で水換えをしてくださいね。

引き続き、「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています



「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」おすすめ記事↓

金魚

クラゲ 飼育 金魚を飼育する方法や水槽の選び方、金魚の最適な水温とは?
クラゲ 飼育 金魚がひっくり返っている…金魚が転覆病を発症する原因や対処法
クラゲ 飼育 金魚の寿命は何年?金魚の寿命年数と寿命を延ばす5つのコツ
クラゲ 飼育 金魚は水で寿命が変わる!金魚の水換え方法や水換えをする頻度
クラゲ 飼育 金魚すくいの腕を上げたい!金魚すくいが上手くいくコツとは?

熱帯魚

クラゲ 飼育 熱帯魚を飼おう!熱帯魚の飼育方法や注意点、餌の与え方まとめ
クラゲ 飼育 初心者が初めて飼育するのにオススメの熱帯魚ランキング
クラゲ 飼育 水草が熱帯魚に与える3つの役割と熱帯魚に最適な水草3選
クラゲ 飼育 カクレクマノミを育てたい!カクレクマノミの飼育方法や餌の与え方
クラゲ 飼育 ネオンテトラを増やしたい!ネオンテトラを繁殖する方法や注意点
クラゲ 飼育 グッピーを育てたい!グッピーを飼育する方法や注意点・餌の与え方

メダカ

クラゲ 飼育 メダカを飼いたい!メダカの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
クラゲ 飼育 メダカを飼育する際の水槽の選び方や水温の管理方法
クラゲ 飼育 メダカは何年生きるの?メダカの寿命と寿命を延ばす飼い方
クラゲ 飼育 メダカに水草を入れても大丈夫?メダカと相性の良い水草5選

ウーパールーパー

クラゲ 飼育 ウーパールーパーに最適な水槽の選び方│水槽を設置する場所とは?
クラゲ 飼育 ウーパールーパーの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
クラゲ 飼育 ウーパールーパーが成体にならない理由や寿命の延ばし方まとめ

クラゲ

クラゲ 飼育 クラゲを飼育したい!クラゲに最適な水槽の選び方や注意点
クラゲ 飼育 クラゲを自宅で飼いたい…クラゲを飼育する方法や餌の与え方
クラゲ 飼育 クラゲに刺された…クラゲに刺された時の対処法や注意点まとめ

ナマズ

クラゲ 飼育 ナマズを飼いたい!ナマズの飼育方法や飼育する際の注意点まとめ
クラゲ 飼育 ナマズが暴れたら要注意…?ナマズと地震が関係している理由とは?

チアナゴ

クラゲ 飼育 チンアナゴを自宅で飼いたい!チンアナゴの飼育方法や注意点

ベタ

クラゲ 飼育 ベタはどう育てるべき?ベタの飼育方法や餌の与え方まとめ
クラゲ 飼育 ベタは何年生きるの?ベタの寿命を延ばす飼い方とは?
クラゲ 飼育 ベタは混泳が不向きと言われる4つの理由と混泳させる方法
クラゲ 飼育 ベタはどんな水草を喜ぶ?ベタと相性が良いとされる水草4選

クリオネ

クラゲ 飼育 クリオネは自宅で飼える?クリオネの飼育方法や注意点まとめ
クラゲ 飼育 クリオネの捕食を見たい!クリオネの食事シーンを見る方法とは?

ブラックバス

クラゲ 飼育 ブラックバスを飼いたい…ブラックバスを飼育する方法や注意点まとめ
クラゲ 飼育 ブラックバスを食べよう!ブラックバスを使ったオススメ料理