タナゴを育てたい!タナゴを飼育する方法や餌の与え方

タナゴ 飼育

 

淡水魚の中でもメダカや金魚と同じぐらい人気があり、観賞魚として需要が高まっているのが「タナゴ」です。

 

飼育が比較的容易ということもあり、古くから飼育されていて、初めての観賞魚飼育にも向いています。

 

そんなタナゴですが、これから飼育してみたいと考えたとき、何を準備したら良いのかや、どんな餌を与えるべきなのかなど不明な点が多いのも事実。

 

ここでは、タナゴの飼育方法や注意点、餌の与え方などについて紹介していきます。

 

 

1.タナゴを飼育する前に用意しておきたい物

 

タナゴ 飼育

 

タナゴは観賞魚の中でも、比較的飼育が容易だとされています。

 

魚を扱うペットショップで気軽に購入できるので、飼育を始めようとするのにあたって敷居は低いのも特徴です。

 

スポンサーリンク

 

当然、タナゴの個体を購入したとしても、住宅環境が用意されていなければタナゴを飼育することはできません。

 

タナゴを飼育する前に、以下に挙げるものを用意してください。

 

  • 長辺が45cm以上の水槽
  • 熱帯魚用のヒーター
  • 底砂
  • ろ過フィルター
  • エアレーション

 

タナゴを飼育するときの「」となる水槽は、タナゴが成長しきった後の大きさを考えて選ぶべきです。

 

大型のタナゴであっても15cm程度の大きさにしかならないので、複数飼育を考えたとしても45cm以上あれば大丈夫。

 

幅広い水温に対応できますが、冬季でも餌やりをしたければ水温を15℃以上にする必要があるので、熱帯魚用のヒーターは必須と言えるでしょう。

 

水質をキレイに保つろ過フィルターでエアレーションができれば別ですが、飼育状況によってエアレーションが別途必要になることもあります。

 

底砂は大磯砂などが、購入するのにも便利なのでこれらを利用しましょう。

 

 

2.タナゴを飼育する際の注意点

 

タナゴ 飼育

 

タナゴを飼育する際、どんな点に注意を払うべきでしょうか?

 

タナゴは水質が悪い場所でも元気に生活してくれるので、水換えについてそこまで神経質になる必要はありません。

 

この点は、メダカや金魚に比べるとお世話が楽といえます。

 

スポンサーリンク

 

そのため飼い主が気を抜きがちなのが、「カルキ抜き」です。

 

タナゴを飼育する際は、塩素が入っている水道水をそのまま水槽内に入れないことだけは注意してください。

 

水換えなど、水質について世話が楽になると、「塩素も抜かなくて大丈夫だろう」という気持ちになってしまいます。

 

しかしタナゴにとって塩素は毒となるので、中和剤を入れたり一晩汲み置きするなどして、塩素を抜くという作業は確実に行うようにしましょう。

 

 

3.タナゴの飼育で重要な餌の与え方

 

タナゴ 飼育

 

タナゴを飼育するうえで、飼い主のお世話として重要となってくるのが「餌やり」です。

 

タナゴだって生き物ですから、人間と同じように餌として栄養補給しなければ生きていくことが出来ません。

 

しかしながら、タナゴにはどんな餌を与えるべきなのか、普段の生活でそこまで真剣に考えることは無いので分かりませんよね?

 

タナゴは自然界において、イトミミズ、アカムシ、ミジンコといったものを捕食して生活しています。

 

ですから飼育下のタナゴであっても、これら活き餌を与えると喰いつきが非常に良いでしょう。

 

毎回活き餌を与えるのが難しいようであれば、市販されている金魚やメダカの人工飼料を購入して与えても問題ありません。

 

与える量は5分ぐらいで食べきれる量を、1日1〜2回程度あげてください。

 

与えすぎると餌を残し、それが水質を急激に悪化させてしまうので注意が必要です。

 

 

4.タナゴを別の魚と飼育させるには?

 

タナゴ 飼育

 

水槽にタナゴだけじゃなく、金魚やメダカといった他の観賞魚を入れて飼育したいと考える飼い主も少なくありません。

 

ですが、他の魚と混泳するのは危険じゃないのかといった心配事は尽きません。

 

タナゴは、別の魚と一緒に飼育させることは可能なのでしょうか?

 

実はタナゴは穏やかな性格をしており、他の魚を攻撃したりイジメるようなことはありません。

 

そのため、同じく大人しい性格をしている魚であれば混泳で飼育することはできます。

 

金魚やメダカ、同じ水温で生活できるその他の魚についても、苦手としているものは少ないため大丈夫でしょう。

 

注意点として、「極端にサイズが違う魚同士の混泳」は避けるようにしてください。

 

たとえば、タナゴの口に入るぐらい小さいメダカと混泳させると、タナゴがメダカを餌と勘違いして捕食します。

 

その逆も当然考えられるので、混泳させる場合はサイズが同じような個体を入れるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

タナゴ 飼育

 

ここでは、タナゴの飼育方法や注意点、餌の与え方などについて紹介していきました。

 

タナゴは淡水魚の中でも、比較的飼育が容易で初心者でもペットとして迎えやすいと言われています。

 

水質や水温についても、そこまで神経質になる必要はないので世話という面では楽な部類に入るでしょう。

 

それでも、タナゴを混泳させたり、世話をする上での注意点はいくつかあるので、これらをしっかり確認しながら飼育してくださいね。

引き続き、「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています



「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」おすすめ記事↓

金魚

タナゴ 飼育 金魚を飼育する方法や水槽の選び方、金魚の最適な水温とは?
タナゴ 飼育 金魚がひっくり返っている…金魚が転覆病を発症する原因や対処法
タナゴ 飼育 金魚の寿命は何年?金魚の寿命年数と寿命を延ばす5つのコツ
タナゴ 飼育 金魚は水で寿命が変わる!金魚の水換え方法や水換えをする頻度
タナゴ 飼育 金魚すくいの腕を上げたい!金魚すくいが上手くいくコツとは?

熱帯魚

タナゴ 飼育 熱帯魚を飼おう!熱帯魚の飼育方法や注意点、餌の与え方まとめ
タナゴ 飼育 初心者が初めて飼育するのにオススメの熱帯魚ランキング
タナゴ 飼育 水草が熱帯魚に与える3つの役割と熱帯魚に最適な水草3選
タナゴ 飼育 カクレクマノミを育てたい!カクレクマノミの飼育方法や餌の与え方
タナゴ 飼育 ネオンテトラを増やしたい!ネオンテトラを繁殖する方法や注意点
タナゴ 飼育 グッピーを育てたい!グッピーを飼育する方法や注意点・餌の与え方

メダカ

タナゴ 飼育 メダカを飼いたい!メダカの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
タナゴ 飼育 メダカを飼育する際の水槽の選び方や水温の管理方法
タナゴ 飼育 メダカは何年生きるの?メダカの寿命と寿命を延ばす飼い方
タナゴ 飼育 メダカに水草を入れても大丈夫?メダカと相性の良い水草5選

ウーパールーパー

タナゴ 飼育 ウーパールーパーに最適な水槽の選び方│水槽を設置する場所とは?
タナゴ 飼育 ウーパールーパーの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
タナゴ 飼育 ウーパールーパーが成体にならない理由や寿命の延ばし方まとめ

クラゲ

タナゴ 飼育 クラゲを飼育したい!クラゲに最適な水槽の選び方や注意点
タナゴ 飼育 クラゲを自宅で飼いたい…クラゲを飼育する方法や餌の与え方
タナゴ 飼育 クラゲに刺された…クラゲに刺された時の対処法や注意点まとめ

ナマズ

タナゴ 飼育 ナマズを飼いたい!ナマズの飼育方法や飼育する際の注意点まとめ
タナゴ 飼育 ナマズが暴れたら要注意…?ナマズと地震が関係している理由とは?

チアナゴ

タナゴ 飼育 チンアナゴを自宅で飼いたい!チンアナゴの飼育方法や注意点

ベタ

タナゴ 飼育 ベタはどう育てるべき?ベタの飼育方法や餌の与え方まとめ
タナゴ 飼育 ベタは何年生きるの?ベタの寿命を延ばす飼い方とは?
タナゴ 飼育 ベタは混泳が不向きと言われる4つの理由と混泳させる方法
タナゴ 飼育 ベタはどんな水草を喜ぶ?ベタと相性が良いとされる水草4選

クリオネ

タナゴ 飼育 クリオネは自宅で飼える?クリオネの飼育方法や注意点まとめ
タナゴ 飼育 クリオネの捕食を見たい!クリオネの食事シーンを見る方法とは?

ブラックバス

タナゴ 飼育 ブラックバスを飼いたい…ブラックバスを飼育する方法や注意点まとめ
タナゴ 飼育 ブラックバスを食べよう!ブラックバスを使ったオススメ料理