ベタの産卵から孵化まで!ベタの繁殖方法や注意点まとめ

ベタ 繁殖

 

美しいヒレが特徴で、品種改良を重ねることでよりキレイになってきているのが、「ベタ」です。

 

水温の高い地域を原産とする淡水魚で、日本でもペットとして人気になるなど注目を集めています。

 

そんなベタですが、飼育するならば繁殖に挑戦したいと考える人も多いでしょう。

 

キレイなベタを自分が産卵から管理するというのは、感慨深いものがあります。

 

ここでは、ベタの繁殖方法や注意点について紹介していきます。

 

 

1.ベタを繁殖する前に知っておくべき点

 

ベタ 繁殖

 

ベタを繁殖する前に、飼い主は次の点を知っておく必要があります。

 

それは、「ベタは繁殖に成功すると数百匹の稚魚を育てることになる」という点です。

 

ベタの繁殖力は強く、他の魚と同じく孵化してから1週間は不安定な状態になりますが、そこを乗り越えると安定していきます。

 

スポンサーリンク

 

数百匹のベタを育てることは、法人でない限りは不可能に近いので引き取り手などを事前に押さえておきましょう。

 

そうしないと繁殖に成功したは良いが、ほとんどの稚魚を死なせる結果になります。

 

いくら稚魚とはいえ、生まれてきた生命であることに変わりはありませんから、繁殖したその後まで事前に考えておいてください。

 

 

2.ベタを繁殖させるまでの手順

 

ベタ 繁殖

 

ベタを繁殖させるには、まず以下の物を用意してください。

 

  • 長辺30cm以上ある蓋付きの水槽
  • 熱帯魚用のヒーター
  • 葉の柔らかい水草

 

これらはベタを飼育する際に必要となる物ですが、繁殖するなら別に用意しておく必要があります。

 

さて、いつも飼育しているのとは別の水槽が用意できたら、繁殖の手順について見ていきましょう。

 

 

@ オスとメスを別の水槽に単独で入れる

 

ベタ 繁殖

 

金魚やメダカのように、オスとメスを混泳させておけば自然と産卵し繁殖すれば簡単ですが、ベタの場合はそうもいきません。

 

オスとメスのどちらも相性を重要視する傾向があり、いきなりオスとメスを同じ水槽に入れるとオスがメスを攻撃します。

 

スポンサーリンク

 

メスははすぐに殺される可能性があるので、まずは別々の容器に単独で入れるようにしてください。

 

透明な容器に入れお互いが見えるように設置すると、お見合いがスタートします。

 

発情したオスはメスを見ると、ヒレなどを広げて求愛行動(フレアリング)を行い、メスがオスの求愛を受け入れると体に縞模様ができるので、そこでお見合い成立したかを確認しましょう。

 

 

A 泡巣を作ったらオスメスを同じ水槽に入れる

 

ベタ 繁殖

 

お見合いに成功しお互いが求愛するようになってから、2日ほど経過するとオスが泡巣を作ります。

 

これは水草などに産卵した卵を安定させる役割を持ち、繁殖の準備が整っている証拠となるのです。

 

メスはもちろん卵を持っている必要があり、おなかに白い三角形のものが透けて見えるようでしたら、卵を持っていると判断して良いでしょう。

 

さてお見合いに成功させ、泡巣を5cm以上作ったら、オスの水槽内にメスを入れます。

 

ここから、ベタがどんな行動を取るかは個体差が激しいので、参考という形で捉えてくださいね。

 

オスはメスを発見するや追いかけまわし、メスのヒレはオスの攻撃でボロボロになります。

 

するとメスは繁殖時期になったと理解し、オスが作った泡巣の近くに行くようになるのです。

 

オスはメスをサンドイッチ状に巻き付け、メスは産卵しオスが射精して受精卵を作り、その卵は水底に落ちます。

 

 

B 受精卵になったらメスを別容器へ移動させる

 

ベタ 繁殖

 

受精卵になり水底に落ちたら、オスはメスを追い払うようにして泡巣から突き放します。

 

ベタは受精卵が孵化するまでの間、オスが献身的に世話をして育てるのです。

 

メスはオスに攻撃されてボロボロなので、産卵が終わったら別容器に移動させてください。

 

皮膚が傷つき感染症の危険もあるため、スーマを規定量水槽に入れ、食塩を一つまみ程度入れて塩水浴させましょう。

 

オスは受精卵を泡巣にせっせと入れ、時に口に含んで吐き出すといった仕草も見せます。

 

これは、受精卵に細菌などが付着しないよう管理する意味合いがあるので、飼い主は温かく見守ってくださいね。

 

 

C 孵化後3日までは餌を与えないで様子を見る

 

ベタ 繁殖

 

受精卵になってから3日程度で孵化し、泡巣にくっつきながら自ら泳げるようになるまで大人しくしています。

 

この間、泡巣から稚魚が落下することもありますが、オスが口にくわえて泡巣まで運ぶという健気な世話をしてくれるのです。

 

孵化後3日が経過すると、自分から泳ぐようになり餌を食べてくれるようになります。

 

このときの餌は、「インフゾリア」という微生物をお店で購入し、与えるようにしてください。

 

ここまでくれば、オスの役割を終了となるので、別の容器に移動させいつものように単独飼育させましょう。

 

 

まとめ

 

ベタ 繁殖

 

ここでは、ベタの繁殖方法や注意点について紹介していきました。

 

ベタは繁殖に成功すると、数百匹の稚魚を育てることになるので引き取り手を確保してからチャレンジしてください。

 

オスとメスをまずはお見合いをさせ、相性が良いと判断してから同じ水槽に入れるなど、飼い主がお世話をする必要があります。

 

稚魚が泳ぐまで、オスが献身的に面倒を見てくれるので、その健気な姿は一見の価値ありです。

 

環境が許すのであれば、ぜひ繁殖に挑戦してみてくださいね。

引き続き、「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています



「熱帯魚や鑑賞魚の飼育方法」おすすめ記事↓

金魚

ベタ 繁殖 金魚を飼育する方法や水槽の選び方、金魚の最適な水温とは?
ベタ 繁殖 金魚がひっくり返っている…金魚が転覆病を発症する原因や対処法
ベタ 繁殖 金魚の寿命は何年?金魚の寿命年数と寿命を延ばす5つのコツ
ベタ 繁殖 金魚は水で寿命が変わる!金魚の水換え方法や水換えをする頻度
ベタ 繁殖 金魚すくいの腕を上げたい!金魚すくいが上手くいくコツとは?

熱帯魚

ベタ 繁殖 熱帯魚を飼おう!熱帯魚の飼育方法や注意点、餌の与え方まとめ
ベタ 繁殖 初心者が初めて飼育するのにオススメの熱帯魚ランキング
ベタ 繁殖 水草が熱帯魚に与える3つの役割と熱帯魚に最適な水草3選
ベタ 繁殖 カクレクマノミを育てたい!カクレクマノミの飼育方法や餌の与え方
ベタ 繁殖 ネオンテトラを増やしたい!ネオンテトラを繁殖する方法や注意点
ベタ 繁殖 グッピーを育てたい!グッピーを飼育する方法や注意点・餌の与え方

メダカ

ベタ 繁殖 メダカを飼いたい!メダカの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
ベタ 繁殖 メダカを飼育する際の水槽の選び方や水温の管理方法
ベタ 繁殖 メダカは何年生きるの?メダカの寿命と寿命を延ばす飼い方
ベタ 繁殖 メダカに水草を入れても大丈夫?メダカと相性の良い水草5選

ウーパールーパー

ベタ 繁殖 ウーパールーパーに最適な水槽の選び方│水槽を設置する場所とは?
ベタ 繁殖 ウーパールーパーの飼育方法や注意点・餌の与え方まとめ
ベタ 繁殖 ウーパールーパーが成体にならない理由や寿命の延ばし方まとめ

クラゲ

ベタ 繁殖 クラゲを飼育したい!クラゲに最適な水槽の選び方や注意点
ベタ 繁殖 クラゲを自宅で飼いたい…クラゲを飼育する方法や餌の与え方
ベタ 繁殖 クラゲに刺された…クラゲに刺された時の対処法や注意点まとめ

ナマズ

ベタ 繁殖 ナマズを飼いたい!ナマズの飼育方法や飼育する際の注意点まとめ
ベタ 繁殖 ナマズが暴れたら要注意…?ナマズと地震が関係している理由とは?

チアナゴ

ベタ 繁殖 チンアナゴを自宅で飼いたい!チンアナゴの飼育方法や注意点

ベタ

ベタ 繁殖 ベタはどう育てるべき?ベタの飼育方法や餌の与え方まとめ
ベタ 繁殖 ベタは何年生きるの?ベタの寿命を延ばす飼い方とは?
ベタ 繁殖 ベタは混泳が不向きと言われる4つの理由と混泳させる方法
ベタ 繁殖 ベタはどんな水草を喜ぶ?ベタと相性が良いとされる水草4選

クリオネ

ベタ 繁殖 クリオネは自宅で飼える?クリオネの飼育方法や注意点まとめ
ベタ 繁殖 クリオネの捕食を見たい!クリオネの食事シーンを見る方法とは?

ブラックバス

ベタ 繁殖 ブラックバスを飼いたい…ブラックバスを飼育する方法や注意点まとめ
ベタ 繁殖 ブラックバスを食べよう!ブラックバスを使ったオススメ料理